さくらの気まま日記 「アカデミー賞」と「ラジー賞」 忍者ブログ
大学中退、療養中のさくらが、日々の出来事、ニュースで思った事などを、まったりと気ままに綴ったポケポケ(?)雑感日記です(*^o^*)  読んでね(〃∇〃)
[154]  [153]  [152]  [151]  [150]  [149]  [148]  [147]  [146]  [145]  [144
ピンクの苺ライン
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ピンクの苺ライン

昨夜は、さくらの愛嬌から(←ほんとは怠慢からだけど。。)
記事の更新をしなかったので、今日は朝からちょっと頑張っちゃお~っと♪

昨日、第80回「アカデミー賞」授賞式がロサンゼルスのコダックシアターで開催されました。
米脚本家組合(WGA)のストライキの影響もなくて、なによりでしたね。(^-^)

全リストを見ると。。。

作品賞 『ノーカントリー』

主演男優賞 ダニエル=デイ・ルイス『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』

助演男優賞 ハビエル・バルテム『ノーカントリー』

主演女優賞 マリオン・コティヤール『エディット・ピアフ~愛の讃歌~』

助演女優賞 ティルダ・スウィントン『フィクサー』

監督賞 ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン(兄弟)監督『ノーカントリー』

長編アニメ賞 『レミーのおいしいレストラン』

美術賞 『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』

撮影賞 『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』

衣装デザイン賞 『エリザベス:ゴールデン・エイジ』

ドキュメンタリー長編賞 『「闇」へ』

編集賞 『ボーン・アルティメイタム』

外国語映画賞 『ヒトラーの贋作』

メイクアップ賞 『エディット・ピアフ~愛の讃歌~』

因みにさくらが知っている作品といえば、

『エディット・ピアフ~愛の讃歌~』
『レミーのおいしいレストラン』
『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』 (←さくら、ジョニー・デップのコレ観た☆)
『エリザベス:ゴールデン・エイジ』
『ボーン・アルティメイタム』
『ヒトラーの贋作』
かな。

映画『エディット・ピアフ~愛の讃歌~』は、
祖母が営む売春宿で育てられながらも、その後、世界的な歌手となったピアフの生涯を描いた作品ですね。
この有名なシャンソン「愛の讃歌」は、
さくらの父がいつもカラオケで歌ってる。。(^-^;)。。

さくらは、長編アニメ『レミーのおいしいレストラン』は受賞すると予想してたけど、
厨房で嫌われ者の存在のネズミをシェフにするという発想は、
なかなか面白いと思います。

う~ん。。
ネズミねぇ。。(・_・)。。oO

さくらはね、動物でいえば、
現状は「たれぱんだ」みたいな「パンダ」だけど、
将来は「スコティッシュホールド」みたいな垂れ耳ネコを目指してて、
そして、生まれ変わったら、ジャンガリアンハムスターになりたいな!!(●^-^●)

ところで、2007年のハリウッド映画で、
その年の作品や俳優の“ワースト1”を選ぶ
「ゴールデン・ラズベリー賞」(ラジー賞)の方は、

最低主演男優賞に
エディ・マーフィ(コメディ「マッド・ファット・ワイフ」原題「ノービット」)、

同主演女優賞に
リンジー・ローハン(ホラー映画「アイ・ノウ・フー・キルド・ミー(原題)」)が選出されました。(◎_◎;)。。

二人とも授賞式には出席しませんでしたが、
両者には4.89ドル(約530円)の金色に塗られたトロフィーが贈られます。
貰える物も安いのね。。(^_^;)。。

でも、アカデミー賞の発表・授賞式の前日に、
ゴールデン・ラズベリー賞というパロディーを作っちゃうところは米国ならではかも。。。(*^ー^*)
日本人の性質としてはこんなのを大胆に公開するなんて考えられないことですよね。(*´∇`;)

そういえば、一昨年から去年にかけてベストセラーになった
『世界の日本人ジョーク集』(中公新書、早坂隆著)は、
結構笑えました。o(*^-^*)o♪

代表的なジョークは、この本の帯にもある以下のお話です。

早く飛び込め!

ある豪華客船が航海の最中に沈みだした。

船長は乗客たちに速やかに船から脱出して海に飛び込むように、
指示しなければならなかった。

船長は、それぞれの外国人乗客にこう言った。

アメリカ人には「飛び込めばあなたは英雄ですよ」

イギリス人には「飛び込めばあなたは紳士です」

ドイツ人には「飛び込むのがこの船の規則となっています」

イタリア人には「飛び込むと女性にもてますよ」

フランス人には「飛び込まないでください」

日本人には「みんな飛び込んでますよ」

日本人の集団意識を皮肉ったジョークですね。(*^-^*)

そこで、この本の中からもうひとつジョークを。。

あれれ。。
長くなっちゃったから、次の記事に掲載するね。
良かったらまた、見にきてくださいね。(*^_^*)

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
あ、コレ知ってる! ん・・・フランス人とイタリア人逆じゃなかったかな・・・。
僕の記憶違いかな^^
あさじ URL 2009/06/27(Sat)01:26:34
Re:あさじさんへ
あさじさんもこのジョークをご存知なんですね♪
イタリア人は色々な女性に愛をささやく女ったらし。
フランス人はフランス語が世界で一番美しい言語だと自負していて、しかもプライドが高いので命令されるのが嫌という性格を皮肉ったジョークだったと思います(*^_^*)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
            
さくらのブログにようこそ☆
さくらのブログにようこそ☆
Profile
さくらです,よろしくね

HN:さくら

趣味:まったりお茶すること、
ころころと寝ること、読書、
映画・音楽・美術鑑賞

職業:大学を中退、療養しながら
フォーチュン&スピリチュアルカウンセラーのお仕事をしています。


sweet-milkへ

kahluamilk MyBooth

一言:こんにちは (*^o^*)
気ままに綴ったポケポケ(?)日記ですが、よろしかったらまた遊びにいらしてくださいね。
どうぞよろしくね(*^_^*)


ご訪問ありがとうございますうさちゃんとハート

さくらのブログのサムネイルバナー

リンクフリー

【別窓で開きます】
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ



相互リンク受付中❤

こんにちは♪


このブログは禁煙ですこのブログは禁煙です

ご訪問してくださったお礼に
これ、あげる! はい!(〃∇〃)

ピンクのバラ
Sakura's album

※目が腐っちゃったら、
ごめんなさいm(_ _)m
まったりしていってね(*^_^*)
まったりしていってね

どうぞお召し上がり下さい(*^_^*)
ケーキ コーヒー


お代わりはいかが?(〃∇〃)
お代わりのコーヒー

フリードリンクです(〃∇〃)

リンクもフリーです(*^_^*)


★画像にカーソルを置いてね
(〃∇〃)









★あっ!
さくらの苺が。。(*゚0゚*)


あれれ?誰かさくらの苺、食べた?

またお越しくださいね
by Sakura
New Comment


★コメント、お待ちしております
(*^-^*)
★「荒らし」と判断したコメントにつきましては、削除やスルーをさせていただきますので、どうかご了承ください m(_ _)m


さくらのメルアド
    ↑
★エッチな質問はNG! (*>_<*)
尚、ご質問以外のメールを通じての交流は、体調や時間に余裕がないため、申し訳ありませんがご遠慮ください。
ごめんなさい m(_ _)m
Research(ブログ内検索)
QR code
ケータイからもご覧になって
くださると、もっと嬉しいです(*^-^*)


RSS

ウィジェット

  • seo

goo

ケータイ検索Yicha.jp

track feed さくらの気まま日記



Googleボットチェッカー

Yahoo!ボットチェッカー

MSNボットチェッカー
見るならお菓子の夢? (*^o^*)
見るなら、お菓子の夢?
見るなら、お菓子の夢?
見るなら、お菓子の夢?


Template and Photo by Crimson Road

忍者ブログ [PR]


Copyright (C) 2007 女子大生さくらの気まま日記 All Rights Reserved.

動く苺ライン